チャットレディでアダルト要求された時の回避術

ノンアダルトでチャットレディでお仕事していこうと思ったら、思いの他アダルト要求してくる男性会員ばかりで
最初はとても苦労すると思います。

 

 

ノンアダルト専門サイトでアダルト行為は禁止しています。

 

しかし、ノンアダルト専門のチャットサイトは、アダルト専門チャンネルより男性会員側の利用料が安いので
余計にアダルト行為を要求してくる男性が多いのは事実です(´д`ι)

 

 

どのノンアダルトチャットサイトでも必ず・・・いや100%います。
言うだけただだし、言ってくる人が男性会員が多数です。
そして断っても全く問題ありません。
ノンアダルト専門は、サイト自体でアダルト行為は禁止しています。

 

 

 

しかしノンアダルトチャット専門で働いてゆくなら、うまく回避しつつ働いていく必要があります。

 

アダルト要求されても、嫌な顔は絶対しないこと!

重要なのは嫌な顔は絶対しないという事です。
ノンアダルト所属で働いているのに「何コイツ、アダルト要求してくるの??」

 

 

 

 

 

 

 

と何度も何度も思い、
ストレスも多くなっていくと思いますが、数をこなすと不思議と慣れてきます。

 

 

しかし、ここで嫌な顔は絶対しないでね

 

 

自分の事を選んでくれてIN(入室)してきてくれたお客様ですから、チャットに繋がった時点であなたには1分単位のお給料発生しています。

 

ニコニコ優しくお断りするのがポイントです^^
もしくはニコニコ時間を引き延ばすのもテクニックの一つです。
チャットレディは1分単位で報酬が発生するお仕事ですからね。

 

しかし、アダルト要求をお断りすると、暴言言われたり嫌み言って退出していく人は多いです。
本当自分勝手な野郎が多いんです。まぁ、高いお金を払ってチャットサイトを利用している男性会員なので仕方ないといえば仕方ないんですがね・・・。

 

 

いちいち気にしてたらチャットレディで稼げるようにはらないし、ストレスがたまる一方です。
「またか。次!次!」とポジティブで働いていくようにしましょうヾ(o´ェ`o)ノいちいち気にしてたらこちらの負けです。

 

 

「脱いで、見せて」のアダルト要求を断るコツ

私がアダルト行為を要求されて、よく言っていた事は
「初対面の人の前で脱いだら軽い女でしょう笑  私そんなに軽くないよ?笑」とか、「最初から脱いでも面白くないでしょ??」とか、わたしと長く話す事でもしかしたら脱いでくれるのでは?と淡い期待をもたせるんです

 

そして自分のペースで話を盛り上げて、まるで友人かのように「この子は別にアダルトじゃなくても話してて楽しいからこのままでいいや」という気持ちにもっていくんです。

 

 

それでも断ってしつこい男性会員だったら
「以前にキャプチャされて、コレクションにしているという男性がいて怖い思いをしたの。もうそういうのは嫌なのでごめんね」と断ります。しかし。質の悪い男性なら「俺はそんな事しない」と引き下がらない男もいるので
そういう時はもうお手上げなので、もう「サイト側から注意されるので、あなたとチャットする事は難しい」ときっぱり断ります。

 

ここでポイントですが、男性会員が退室するまでは自分からは切断ボタンは押さないようにしましょう。
繋いでいれば繋いでるだけ自分に報酬がはいるのでね^^

 

 

要注意。アダルトチャットでもスカトロ要求があります。

アダルトチャットレディに少し移籍した時「う●こしている所みせて?」と言われたり、「おし●こしている所がみたい」という要求もありました。

 

やはり変態が多いこの世の中予想外な事をおねだりされます。

 

もしアダルトチャットに移籍しようと考えているのであれば、出来ないことはプロフィールに書くことです

 

そういう男性が自分の所へ入室してこなくなりますし、嫌なタイプの客の回避対策にもなります。

 

「プロフにも書いてあるのですけど、スカトロ行為はできません涙」とスムーズにお断りする事ができるからね(・∀・)

 

 

自分が出来る範囲でお仕事ができるというのも、チャットレディの魅力です^^

 

 

 

しかし、オールマイティにできる女性って本当稼げると思います。
私はさすがにスカトロ系は本当無理だったのでやっていませんでしたが、私より稼ぐチャット界の神的パフォーマーと以前お話させていただく機会があったんですが、アダルトチャットで月にフルで働いて200万円前後稼ぐ人がいました。

 

まぁ、チャットだけじゃなく有料動画配信やメールや、チャットサイト側から稼ぐ人なので特別報酬も上乗せされて200万円前後稼いでいる方なんですがこのお方はオールマイティになんでも要望は応える人だったんですね。

 

普通の人が嫌がる事を率先して断らずにやったから、この人はチャット界の神的パフォーマーになったんだなと思います。周りとの差別化ですよね。やはり稼げる理由って周りとの差別化です。周りと同じ事をしていたら本当稼げないという事を再度実感しました。

 

そしてその方はこう言ってました。

 

「風俗でもない、モニター越しで男と話すだけでこんなにお金をもらえるなんて思ってなかった。風俗で働くと体は汚れるし、病気はうつされるし、息臭いおっさんがくるかもしれないでしょう。絶対嫌。チャット界で成功できた私は本当幸せ。稼げない人は自分の個性がだせていないんだと思う。私は個性を出したり周りと同じ事をしちゃいけない事がわかっていたから、あえて他のパフォーマーがやっていない、やりたがらない事をやって成功した」と・・・。

 

やはり周りと同じ事をしていたら稼げないという事は頭の片隅においていくべきです。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ戻る